話題の最新ビジネスモデル暴露検証ブログ

池田秀樹「観るだけで稼げる映画」DEGREED(ディグリード)を検証します

今回は無料オファーにも関わらず、「観るだけで稼げる映画」
という新しいコンセプトで公開しているNetwayz池田秀樹さん
講師を務められる

 

DEGREED(ディグリード)

 

というオファーについて検証していきたいと思います。

 
 

映画と謳っているだけあって、映像には非常にこだわっているようで、
再現VTRを用意してみたり、ドローンで空中からの映像を撮影してみたりと
これまでの無料オファーの動画とは作りこみが全然違う内容になっています。

 
 

インタビューについても、豪華な一軒家の庭先で
セレブっぽい映像を撮っており、雰囲気がこれまでの
無料オファーとは全く異なります。

 
 

映像については結構話題になっており、
2ch(2ちゃんねる)や暴露・検証ブログでも

 

「動画が非常にキレイ」
「再現VTRがあって確かに映画みたい」

 

という口コミが数多く見受けられます。

 
 

しかし、いくら映像がキレイであっても、
ノウハウや中身が大したことがなければ
本末転倒です。

 

ちゃんと中身の方も検証・暴露していきたいと思います。

 
 

まず、講師を務められる池田秀樹さんですが、
日本でメール配信システム「ストライクメール」という
サービスを展開されています。

 

DEGREED(ディグリード)

 

メール配信サービスというのは、登録フォームを生成したり、
ステップメールなどを用意して、自動的に見込み客にアプローチできる
システムを指します。

 

単純に一斉配信をするだけはなく、登録した見込み客を
顧客化するために必要な機能が入っているのが特徴です。

 
 

池田秀樹さんは他にも、過去にBuzzStrike(バズストライク)
KAGEMUSYA(影武者)という主にメルマガを使った手法の情報商材を
販売していたという経歴もお持ちです。

 
 

2ch(2ちゃんねる)や暴露・検証ブログを見てみても、
過去に販売した情報商材についての評判は、
特に悪くもなく、良くもなくというところで、
テンプレートについては評価する口コミもありました。

 
 

今回のDEGREED(ディグリード)についても、
これまでのようにメルマガやテンプレートなどを利用した
仕組みだと予想できますが、どのようなノウハウなのか
このブログでも検証していきたいと思います。

 

 

DEGREED(ディグリード):無料オファー情報

 

DEGREED(ディグリード)

        無料オファー名…DEGREED(ディグリード)
          講師   …池田秀樹
         運営会社  …Netwayz Pte. Ltd

 

≪DEGREED(ディグリード) 無料オファーページ≫

 

 

池田秀樹<>のビジネスモデルを検証

 

DEGREED(ディグリード)現在アメリカで実績が出ている
最先端の手法で、13年間で7億円という金額を稼いだものだそうです。

 

アメリカで現在実績が出ているにも関わらず、
13年前からこの手法を使っているというのが、
ちょっと数字が矛盾しているようで気になるのですが、
中身を見ていきたいと思います。

 
 

DEGREED(ディグリード)は

 

・集客
・マネタイズ
・拡散

 

の3つの仕組みで、かつそれを全自動化している
最新のテクノロジーだそうです。

 
 

これまでの池田秀樹さんの経歴から、
メールマガジンを使うということは明らかですので、

 

LPやフォームを使ってリストを集めて集客し、
ステップメールで教育からセールスまで行ってマネタイズする

という流れのビジネスモデルな気がします。

 
 

さらには、LP自体もうまく広告やSNSを使って
拡散させていくことで、より多くのアクセスと見込み客リストを
集める
のだと予想できます。

 
 

要は王道のリストを集めて教育して販売する
という方法を効率的に行えるように仕組み化したのが、
DEGREED(ディグリード)と言えそうです。

 

DEGREED(ディグリード)

 

DEGREED(ディグリード)の詳細ですが、

 

・6次の隔たり理論
・デジタル資産

 

という2つを利用することで、自分の財布にお金をもたらす
資産を増やしながら、自動的にお金も増やしていける
ということです。

 
 

全く何のことやらわからないのですが、
6次の隔たり理論というのは、友達の友達を6次元まで辿って行くと
ほとんどの人にたどり着くことができるという理論で、
恐らく情報の拡散に利用するのだと思います。

 
 

例えば、SNSである記事を投稿した際に、
ある友人がシェアをすると、さらに自分のしらない人に拡散されます。

 

さらにその人がその内容を良いと思えば、
さらにシェアをして、拡散されます。

 

この時点で自分では到底届かない非常に多くの人にまで
自然と情報が拡散されるということになります。

 
 

つまり、6次の隔たり理論を活用するということは、
SNSなどでの情報の展開を狙っているということだと思います。

 
 

デジタル資産の方については、恐らくメールアドレスのリストや
SNS上での友達やいいねなどを指していると思われます。

 
 

情報を拡散したり、さらには集客・教育・セールスをしていくためには、
どうしても見込み客リストが必要となります。

 

そして、いつでもステップメールで収益化できるため、
見込み客リストのことをデジタル資産と読んでいるのだと思います。

 
 

従って、繰り返しにはなってしまいますが、
DEGREED(ディグリード)は王道のリストを集めて教育して販売する
という方法だと予想されます。

 
 

事実、池田秀樹さん自身が展開しているストライクメールには、
リストを集めるASPのような機能だったり、ステップメール機能だったりと
DEGREED(ディグリード)のノウハウに近い機能がそろっています。

 

ですので、参加者を集めてストライクメールを利用させる
という目的もありそうですね。

 
 

今回観るだけで稼げるようになる映画ということで、
無料オファーが公開されていますが、実際のところ、
この王道のビジネスモデルだった場合、
観るだけでは稼げないと思われます。

 
 

王道のビジネスモデルは必ずと言っていいほど、

 

・身につけるスキル
・行わなければいけない作業

 

というものが発生し、一朝一夕で身につくものではありません。

 
 

そういったことを念頭において、DEGREED(ディグリード)は
見ていく必要があると思います。

 
 

現時点での情報では、まだまだDEGREED(ディグリード)の
ビジネスモデルは、あくまで予想の範疇です。

 

実際は何か画期的なアイデアがあり、王道のビジネスを
さらに昇華させたビジネスモデルになっているかもしれません。

 
 

しかし、王道になればなるほど、長期的に稼げる可能性が高い分
しっかりと身につけるべきスキルも発生すると
思っていた方がいいでしょう。

 
 

DEGREED(ディグリード):無料オファー情報

 

DEGREED(ディグリード)

        無料オファー名…DEGREED(ディグリード)
          講師   …池田秀樹
         運営会社  …Netwayz Pte. Ltd

 

≪DEGREED(ディグリード) 無料オファーページ≫

 

最近のコメント